風俗の仕事

何故風俗で働くのか

私がなぜ風俗の仕事をやっているのかというと、シンプルにこの働き方が一番お金が貯まるのではないか?と思ったからです。というのも大学生の夏休みの時に、一度2週間だけ風俗の仕事をしたことがあり、そこ2万円以上稼ぐことができた。そのお金で残りの夏休みは海外に旅をするという大学生活を送っていました。卒業後は普通に働くことも考えた。けれど普通に生活していたら「家賃・光熱費・食費」は必ずかかってくる。この費用があるから貯金ができない。簡単に貯金ができそうな気がしてこないだろうか?それが風俗の仕事の魅力でもあり、私が風俗の仕事をやっている理由でもあります。何かやりたいことがあるけれど、資金が足りない。という人に向けて風俗で働くという選択肢があることを教えたい。

風俗の仕事で貯金

今の仕事が楽しいならその仕事をすればいいし、今の仕事でお金を貯められるならそれでいいと思う。どんな働き方にせよ、その先に目標を持つことが大切であり、その目標を達成するために働き方を選ぶ。自分が仕事に合わせるのではくて、仕事を自分に合わせる。これが自然な考え方だと思います。最近風俗の仕事の広告で「1ヶ月で80万円稼げる!!」というものをよく見るが、これは事実です。実際に私は月に約50万円稼いだことがあります。人の生活には、光熱費や家賃などが掛かります。貯金をするということは、この光熱費を抜いた額つまり貯金できる額が大きいほど早く貯金ができます。一気に稼げる仕事というのが、風俗で働くことでした。1年間風俗の仕事をしたら、結構な、額が貯金することができます。

リゾート風俗バイトのメリット

地方の風俗の仕事とは、全国にあるリゾート地のホテルや旅館、海、スキー場やテーマパークで住み込みで働く風俗のアルバイト。それがリゾート風俗のバイトです。リゾート地や観光名所であれば日本中どこでも働くことができる。GWやお盆、年末年始だけの超短期(数日間)夏休みや冬休みの短期(約1ヶ月)、1シーズンの中期(約3ヶ月)、2シーズンの長期(約6ヶ月)働く期間が長ければ長いほど求人の数もそれに比例して多くなっていくので選択肢が増えます。地方で、住み込みで働きますので、新しい出会いが盛りだくさん。非日常を体験できる、家賃光熱費、食費まで支給してくれ、顔ばれなどの心配もまったくありません。あと、お金が貯まりやすいなど、都市部でひっそりと風俗の仕事には無いメリットが沢山あります。

どんな仕事?

風俗の仕事といっても意外と初心者率が高いので、初めての人でも、お店のひとや先輩に仕事を教えてもらうとすぐになれます。ましてや、地方の風俗バイトは一人で来ている人がほとんどなので、友達も作りやすい。2代~初代の幅広い世代が働いており、国籍・年齢・性別問わず幅広く楽しめます。特に、風俗の仕事に来ている人数が多ければ多いほど、友達は簡単に作ることができます。逆に、熟練した社員さんばかりのもともと働いている仕事スタッフが自分一人だと、グッと難易度は上がってしまいます。はじめて風俗の仕事に行く場合は、大量募集している風俗の仕事をさがすといいでしょう。このバイトを応募してくる人は、自分が生活するために仕事をしている人が大半ですが、それぞれ目標を持って働きに来ている人が多いようです。例えば、「車が欲しい」「留学に行きたい」「奨学金を全額一括返済したい」など。生活するのにお金がほとんどかからないので、自分の目標に向かって余計なことを考えずに一直線に進むことができます。

著者について: