ホーム / ソープ嬢 / ソープ嬢の仕事

ソープ嬢の仕事

ソープランドとはどんなところ?

ソープランドで、ソープ嬢として働く仕事があります。ソープの仕事を簡単に説明すると、まず客は、入浴料としていくらか支払います。そうして個室(浴室)に行くと、そこで女の子(ソープ嬢)が、汗を流してくれて。ちょっとムラムラしちゃって、ついついそのままセックスしちゃったというようなお仕事です。セックスと言っても、お客さんとうっかりとしてしまったという体で、基本的には同意の上で、お店は、セックスを売っているということは、全く関知しないという法令的にはグレイな、アダルトのお仕事です。一般には、「ソープ=本番まで出来ちゃうぞ」っていうことが広く知られているのにも関わらず、警察の取り締まりを受けることなく、現在も多くのソープランドが存在しています。

ソープ嬢初心者でも稼げるの?

ソープ嬢の仕事ソープ嬢の収入は、基本期には、個人事業主として共同入浴場(ソープランド)の場所を借りてマッサージなどの仕事をしているといった働き方です。ですので、基本的には歩合制の仕事です。例えばお客様が3万円のコースを利用すると、ソープ嬢は2万円、店に1万円といった感じで、収入を得ます。1日、3人のお客様を相手にすると、2万円×3人で、日給は6万円、単純に15日出勤したとすると、月収90万円ほどは稼げます。ソープランドでは新人さんに優先的にフリーのお客様を回してくれるたり、新人を好むお客さんもいるので、仕事を始めて最初から稼げます。その後、リピーターのお客さんを捕まえられれば、それに応じて、安定した収入が得られます。

ソープ嬢のお仕事内容

ソープランドでは、それ以外の風俗のお仕事より、色々なプレイがあり、そのプレイを習得しなくてはいけない、意外と技術が必要な仕事です。お客さんを満足させる必要があり、プレイが上手であることも重要なのですが、お店のエースクラスの人気のソープ嬢は、お客さんを満足させるツボを抑えています。それは、接客業で男性と肌と肌を合わせる仕事ですので、お客さんが満足したのは、この子だからと思ってもらうことが大事です。笑顔で楽しく話も親身になって聞いてくれるという感じで、お客さんをちゃんと人として見てくれるような嬢が、印象に残りリピーターが最終的に増えていくようです。ただ、ソープで働けば儲かるということではなく、固定客を持ったソープ嬢になると高収入が見込めるのです。

ソープで働くキッカケ

ソープランドで働くキッカケを聞くと、人それぞれですが、やっぱりお金を稼げるという印象があり、実際にそうだからという女の子が多いようです。テレビのドラマなどでも、ソープらで働く女の子は、借金の返済に困ってとか多いのですが、実際も借金の返済などで、追いつめられた子。また、「いくつまでにいくら貯金したいから」っていう、目標があってやっている子。など基本的には、お金を目的に働きだすことが多いようです。見ず知らずの男性と肌を重ねるのですから。ただし、ソープ嬢として働き始めてしばらくすれば、確実に少しづつ、「慣れ」ていくようです。ある程度、お金を手に入れたら仕事を辞める子もいれば、そのまま本職として、続けている人もいます。

著者について: